エンタープライズクラウドで管理する金融サービス機関向けShareBase

 

データの盗難や改ざんといったセキュリティリスクの回避は、顧客情報や企業情報を適切に管理する必要がある金融サービス機関にとって最重要課題です。また、機密文書を社内外のユーザーと安全かつセキュアにコラボレーションする権限をユーザーに与えることも重要です。しかし現状では、可視性、セキュリティ、コントロールが欠如した承認されていない誰でも利用できるファイル共有ツール、効率の悪いEメール、USBドライブ、またはITリソースに負担をかけるFTPサイトなどを利用して行われています。従業員や外部関係者にセキュアな共有機能を提供することで、ShareBaseが金融サービス機関にどのような価値をもたらすかをご理解いただけます。

 

金融サービスで使用するアプリケーション

 

ローン:顧客に対し、融資関連書類に24時間アクセスできるセキュアな環境を提供します。権原会社や投資家といったサードパーティの外部ユーザーと安全かつセキュアにファイルを共有できます。

口座開設:関連文書を顧客と安全に共有し、また、顧客も関連情報を金融機関と共有できるようにします。複数の署名者が関わっている場合、ある支店で新規口座を開き、別の支店で署名者と安全に文書を共有できます。

監査:外部監査人は、監査記録や各種文書を容易に利用でき、社内コンプライアンスや業界基準を満たすだけでなく、監査費用を節約することも可能です。OnBaseワークフローは、自動的に文書をShareBaseに追加し、セキュアなリンクが含まれたEメールが受信者に送信されプロセスのスピード化を実現します。また、パスワードの保護や有効期限を設定して情報の保護をさらに強化できます。