SHAREBASEある日の出来事

クラウドコンテンツ管理

ユーザーが柔軟にファイル共有できる利便性と情報システム部門による制御を両立

ShareBaseは、ビジネス向けに開発されたクラウドコンテンツ管理ソリューションです。ユーザーアカウントを作成するのは、個人ではなく、会社のIT部門が設定し管理します。IT部門のシステムコントロールを維持しつつ、社内外のユーザーとのファイル共有、コラボレーションを促す機能を備えた情報共有基盤を提供します。ウェブからだけでなく、スマートフォンやタブレットなどあらゆるデバイスからアクセスでき、さらにローカルのフォルダと同期することもできますので、様々なワークスタイルに対応し、効率よくコンテンツに関わる作業が行えます。ShareBaseは、ビジネス文書をセキュアに管理し、ホスティングすることを目的に構築されたハイランドクラウドで展開します。

管理者IT部門が企業情報の監視・管理を徹底

ユーザーアカウントは会社のIT部門が設定、管理し、ユーザーの共有権限、共有設定を細かく制限でき、共有ファイルの有効期限やパスワードといった詳細設定も可能でセキュリティを確保します

  • ユーザーの退職や組織変更の際、アカウントを無効にしたり削除したりでき、別の担当者にファイル一式を移行することができるので、重要文書を損失することなく引き継ぐことができます
  • ユーザーグループの設定ができ、特定事案に関わるユーザーのみを追加し、ユーザーグループに限定してファイルやフォルダの閲覧を付与できるライブラリ機能があります
  • ユーザーログを出力でき、ファイルの閲覧、共有、ダウンロード履歴を確認でき、監査対応が可能となります
  • 表示のみの権限が付与された場合、ファイルに透かしを追加でき、スリーンキャプチャや転載を防止します
  • ADFSやSMALといったアイデンティティプロバイダ(IdP)に対応し、ユーザー管理が容易となり、全社的な情報管理基盤の導入、運用に役立ちますShareBaseユーザーの職務が変更した場合でも、管理者はユーザーを簡単に共有フォルダに再割り当て できます。

ハイランドクラウドセキュリティ

ハイランドクラウドは、業務に関わるビジネス情報をセキュアに管理し、ホスティングをすることを目的に構築されたクラウド環境で、10年以上に渡り革新的なクラウドソリューションを提供しています

  • データベースはお客様毎に設定されるので、他のお客様とデータが混同されることがなく、不正アクセスや閲覧されるということはありません
  • ファイルは保存時および移動時、256ビットAESを使用しお客様毎に固有の暗号キーで暗号化されます
  •  3つのコピーをオンラインで維持し、コピー2つはプロダクションデータセンターで、3つ目のコピーは地理的に離れたディザスタリカバリデータセンターで運用され事業継続対策が取られています
  • 高速インターネットアクセスを提供し、ファイルを確実、迅速にアップロード、ダウンロードでき、部門レベルの小規模導入だけでなく、全社規模の利用にも対応します
  • 資格、認証に準拠するデータセンターで運用されており、コンテンツの安全性を確保します

利便性と安全性を備え柔軟なワークスタイルに対応

スマートフォンやタブレットでどこからでもアクセスが可能で、社内外のユーザーとのファイル共有、コラボレーションが促進され、生産性を向上することができます

  • 各ファイルやフォルダ毎に、共有先、共有権限、有効期限、パスワードを設定でき、セキュリティを確保しつつ、ストレスなく、ユーザーが手軽にファイルを共有できます
  • バージョン管理やチャット機能により、複数ユーザーと共通ファイルをリアルタイムに加工、編集でき、常に最新情報を確認しながら共同作業をスムーズに行えます
  • ファイルサイズやファイル形式を気にせず、手間のかかっていた大容量ファイル(動画、画像など)の共有が手早く効率的に行えます
  • ファイルへの履歴が記録され証跡確認ができ、コラボレーション全体に対する可視性が向上します
  • デスクトップを使えば、ローカルにファイルを同期でき、オフライン環境でも作業が可能となり、クラウドを意識せずに外出先や移動中にも必要コンテンツにアクセスできます

社内外のユーザーとのコラボレーションを促進