セキュリティとコラボレーションを
両立したファイル共有

ビジネス向けShareBaseは、監視・管理を徹底し安全に
ファイル共有、コラボレーションを促進させ生産性向上を
実現するクラウドコンテンツ管理基盤です

ShareBaseの詳細

セキュリティと制御を確保
社内外とのファイル共有を促進

柔軟なワークスタイルに対応

あらゆるデバイスで必要な時にどこからでもアクセスが可能で、社内外と手軽に効率よくファイルを共有できます。チャットでコメントを随時確認しながら、作業状況を把握でき、コラボレーションが促進され、生産性が向上します。

企業情報をセキュアに管理

管理者IT部門がユーザーアカウントを作成・管理でき、離職、組織変更の際は、ユーザーアカウントを無効、削除したり、他のユーザーにファイルを移行したりできます。ファイルの履歴を確認でき、監査対応が可能となります。

ハイランドクラウド

ビジネス文書をセキュアに管理し、ホスティングすることを目的に設計、構築されたハイランドクラウドでお客様の環境は展開されます。データベースはお客様毎に設定している為、他のお客様とデータが混同されることがなく、不正アクセスや閲覧されるということはありません。すべてのファイルは、256ビットAESを使用し、お客様毎に固有の暗号キーで暗号化されています。

ShareBase+OnBase連携

エンタープライズコンテンツ管理「OnBase」と連携し、業務処理の過程で発生する社外とのコンテンツの共有やコラボレーションを簡素化、自動化することができます。OnBaseの該当コンテンツをShareBaseフォルダで特定の外部ユーザーに共有したり、外部ユーザーがShareBaseフォルダに登録したコンテンツをOnBaseの業務プロセスに自動で取り込むことが可能となります。

ユーザーが柔軟にファイル共有できる
利便性と情報システム部門による
制御を両立

クラウド環境で展開するShareBaseは、ユーザーの生産性向上と
徹底したファイル管理を実現します

ShareBaseについて経営者が知っておくべき5つの特長

ShareBaseは、社員がどのファイルを誰といつ共有しているか管理者や経営者が確認でき、かつ手軽にセキュアにユーザーがファイルを共有できる機能を提供します

ハイランドは、コンテンツサービス・プラットフォームの
マジック・クアドラントでリーダーに位置付けられました

よくあるご質問

ShareBaseは、企業向けに設計されたクラウド型のエンタープライズファイル共有製品です。あらゆるデバイスから、組織内外とのドキュメントの共有が可能となります。 ShareBaseはOnBaseソリューションを拡張し、ワークフローを介して共有を自動化します。

ShareBaseが他のEFSS製品と異なる点は、主に3つあります。ShareBaseは、お客様の重要なドキュメントのコントロールを維持できます。管理者はShareBaseのアカウントを作成する際、従業員の会社のメールアドレスを使用します。従業員の離職や異動時、権限を取り消したり、他のユーザーへ移行したりすることができます。その結果、ファイルの安全性と継続性が確保され、組織における職業意識が向上します。ShareBaseはOnBaseと相互作用し、共有と通知機能を自動化します。ドキュメントがShareBaseにアップロードされると、OnBaseは自動的にそれらを取り込みます。ワークフローによって自動的にイベントをトリガするため、時間と労力を節約できます。ShareBaseは、ハイランドクラウドを使用しています。データの保存場所を選択でき、他の組織のデータと混合することはありません。ShareBaseのお客様には、それぞれ独自のデータベース、ファイル、暗号キーを持つ環境が提供されます。

ShareBaseが他のEFSS製品と異なる点は、主に3つあります。ShareBaseは、お客様の重要なドキュメントのコントロールを維持できます。管理者はShareBaseのアカウントを作成する際、従業員の会社のメールアドレスを使用します。従業員の離職や異動時、権限を取り消したり、他のユーザーへ移行したりすることができます。その結果、ファイルの安全性と継続性が確保されその結果、ファイルの安全性と継続性が確保されます。ShareBaseはOnBaseと相互作用し、共有と通知機能を自動化します。ドキュメントがShareBaseにアップロードされると、OnBaseは自動的にそれらを取り込みます。ワークフローによって自動的にイベントをトリガするため、時間と労力を節約できます。ShareBaseは、ハイランドクラウドを使用しています。データの保存場所を選択でき、他の組織のデータと混合することはありません。ShareBaseのお客様には、それぞれ独自のデータベース、ファイル、暗号キーを持つ環境が提供されます。

ShareBase+OnBase連携で
社外共有を効率化

ShareBaseとOnBaseを連携し活用することで、業務処理の過程で発生する社外とのファイル共有やコラボレーションが簡素化、自動化できます